診療項目 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科というのは、虫歯・歯周病を治す事はもちろん、歯並びを整え、お口の中をトータル的に美しくすること、その人特有の本来の健康で美しい口腔内環境に整えること全体を指します。具体的な内容の中に、ホワイトニングやオールセラミック、ラミネートなどの治療法があります。

インレー(詰め物)

虫歯治療で削った部分を補うために、詰め物を入れます。(虫歯の大きさや噛み合わせの状態によりクラウン(被せ物)で補う場合もあります。)インレーには金属で作られているものから、レジン(プラスチック)、セラミックなど素材は様々です。審美歯科において、やはり「銀歯が目立つのを避けたい」と仰る方が多く見受けられます。当院では患者さまのご希望に合わせた提案を行っております。専門家の視点から見て、保険外でお勧めする場合もございますが、最終的に決められるのは患者さま自身です。大切なご自身の歯の事なので、遠慮なくご相談頂ければと思います。

当院で取り扱っているインレー

白いインレー

保険外 保険

ハイクオリティーTYPE

  • オールセラミック
  • ファインセラミック

スタンダードTYPE

  • ハイブリッドセラミック
  • セラミック+プラスチック

コンポジットレジン

プラスチック

金属を一切使わない為、自然な色調が再現出来ます。また、唾液の吸収がないため、永年の使用でも変色することがありません。 セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で製作しますので、色調、強度ともに優れています。インレーに最適の素材です。 素材がプラスチックです。唾液を吸収しますので永年の使用で変色したり、擦り減ったりします。

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

金属のインレー

保険外 保険 保険外

スタンダードTYPE

  • ゴールド
  • パラジウム合金

ハイクオリティーTYPE

  • オールセラミック
  • ファインセラミック
ゴールドで製作します。適合性に優れていますので、歯との境目から次カリエス(虫歯)になりにくいのが特徴です。奥歯の使用に最適です。 通常の銀歯です。噛む機能には問題はありませんが歯茎が黒ずむことがあります。また、アレルギー反応を起こすこともあります。 歯の表面をわずかに削り、セラミックを表面に貼り合わせます。歯の色調を白くしたい方、歯の形を整えたい方に最適です。

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

見た目の美しさ

変色しにくさ

摩耗のしにくさ

体との調和

口臭のでにくさ

ホワイトニング

ホワイトニングには、ご自宅で簡単に出来るものと、歯科医院で行うものと、大きく分けて種類の方法があります。

ホームホワイトニング

ご自宅にてホワイトニングをご自身で行って頂く方法です。
歯の型に合わせたマウスピースを作成し、そこにホワイトニングジェルを入れて装着します。低い濃度の薬剤を使用するため即効性はなく、白さを実感するまでにおよそ週間以上の期間が必要となりますが、時間がかかる分、平均持続期間が1〜2年と、オフィスホワイトニングよりも効果が長持ちするというメリットがあります。

オフィスホワイトニング

ホワイトニング剤を塗布した後、特殊な光線を当てることで内部の色素を分解し、歯を白くしていく方法です。歯科医院にて行います。
歯科医や歯科衛生士が専門の機械を使って行うので、即効性が高く、その日から歯の白さを実感する事が可能です。(回数を繰り返す事で更に白くなります。)専門家が行うため、安全で、しかも手軽であるところも魅力の一つです。
ただ、即効性がある分、持続時間が平均3〜6ヶ月と、少し短めです。
すぐに歯を白くしたい方、自分でホワイトニングを行うのは難しいかもしれないと不安な方は、まずはオフィスホワイトニングにお越しください。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法です。
それぞれの長所を伸ばしながら、それぞれの短所を補う事が可能になります。オフィスホワイトニングで素早く歯を白くした後、ホームホワイトニングでその効果を持続させるという、3つの方法の中で最良です。

こんな方はホワイトニングが出来ません

  • 妊娠中の方
  • 18歳未満の方
  • 歯の治療が必要な方(治療後、ホワイトニングを行います)

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングには効果に個人差が見られます。元々の歯の色が濃い方や、子供の頃に服用していた薬で歯の色が濃くなっているという方は、ホワイトニングの効果はあまり出ません。
また、着色食品を好む方や喫煙の習慣があると、ホワイトニング後の再着色が比較的早く始まってしまいます。出来るだけ控えるように心掛けましょう。
また、ホワイトニング後は定期的なメンテナンスも必要です。通常は半年ぐらいで色が付き始め、そのまま何もしなければ、約2年で元の歯の色に近くなってしまいます。
口腔内環境を守るためには、定期的なメンテナンスがやはり大切なのです。