診療項目 インプラント

インプラント

インプラントとは

「インプラント(Implant)」=植え込む・埋め込む
インプラントとは、体内に埋め込む医療機器(ペースメーカー)や材料(シリコンなど)を総称したものですが、歯科においては、虫歯や歯周病により歯を失ってしまった場所へ生体親和性の高いチタンを用いた人工歯根を埋め込み、その上部へ人工の歯を取り着けて本来の歯の機能を取り戻す治療法の事を指します。正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と言います。
入れ歯やブリッジなどの補綴(ほてつ)治療よりもしっかりと固定する事が可能なので、歯を失った方々が選択する一つの治療法として当院でも特にお勧めしております。
※インプラント治療は手術を受ける必要があるため、体の状態によっては可能不可能に差が出てきます。一度ご来院いただき、専門医の確認の下、可否については適切な判断をさせて頂きます。

インプラントのメリット

◯周囲の歯へ負担が掛からない。
ブリッジや入れ歯は周囲の歯を用いて固定する分、インプラントではあごの骨へと直接人工の歯根を埋め込むので、周囲の歯で支える必要が全くありません。
◯自分の歯で噛んでいるような噛み心地。
あごの骨と人工歯根がしっかりと結びつくことで、本来の自分の歯で噛んでいるような力強さを取り戻すことが出来ます。
◯見た目に違和感がない。
歯根に取り着ける人工歯は、周囲の歯と同じ色味のものなど選択が可能です。
◯永年で比較した場合に、他の方法より一番良い。
インプラントは保険が利かないので費用は高くなりますが、他の方法より耐久性に優れていたりと長期的成績が抜群に良いので、一日の使用料に換算すると一番安くなる可能性が高いです。

他の治療との比較

ブリッジ
ブリッジ
入れ歯(義歯)
入れ歯(義歯)
インプラント
インプラント
メリット
  • 見た目が自然。
  • 保険適用の場合には比較的安価で済む。
  • 保険適用の場合、比較的安価で済む。
  • 治療期間が短くて済む。
  • 見た目が自然。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • 周囲の歯に負担が掛からない。
  • しっかりと噛める。
デメリット
  • 両隣の歯が健康であっても削って加工する必要がある。
  • 支えている歯に強い力がかかってしまい、もろくなりやすい。
  • バネを使用している入れ歯の場合には隣の歯に負担が掛かる。
  • 使っている内に合わなくなるので調整が必要。
  • 治療費が高い。
  • 手術が必要なため、体の状態によっては受けられない場合がある。

インプラント治療の流れ

◯インプラントの前に、歯の健康チェック

まずは虫歯や歯周病の治療を行い、口腔内を健康な状態にします。

  1. 1.ヒヤリング

    患者さまのお悩みや症状をしっかりとヒヤリングします。その際治療の概要やリスクについてもきちんと説明を致します。

  2. 2.診療

    実際にお口を確認し、現在の歯並びやあご関節の状態を調べます。
    レントゲンや写真、歯型を取り、インプラントの治療計画を立てていきます。同意が得られましたら、治療がスタートします。

  3. 3.手術

    • 歯肉を開き、インプラントを埋めるためあごの骨に穴を空けます。手術自体は短時間で、入院する必要もありません。
    • インプラントを埋入し固定します。歯肉を閉じて、それから〜ヶ月ほど骨とチタンが結合するまで待ちます。
      (結合期間は個人差があります)
    • インプラントが結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯茎の形を整えます。仮歯を作成しかみ合わせを調整しつつ歯肉の治癒を待ちます。人工歯をインプラントへ装着し、完了です。
  4. 4.メンテナンス

    インプラント治療を行った後は定期的なメンテナンスへお越しください。インプラントの周りに歯垢がついた状態のままにすると、本来の歯と同様に歯周病になってしまいます。
    インプラントを長く使い続けるためには毎日のセルフケアがやはり大切なのです。